2016年02月27日

近眼とレーシック

近眼になると職業も限定されてしまうことがあります。資格も視力が原因で取得することができないケースもあります。パイロットや消防士、船舶免許などは適正な視力がないと資格が取れません。スポーツでもメガネの着用が禁止されているものもあります。バレーボールやサッカー、バスケットボールなどです。スポーツ選手にとって近眼は、動体視力も低下するので、大きなマイナス要因となります。しかし、今は、手術によって近眼を治療することができるので、スポーツや職業をあきらめなくても大丈夫です。医療用レーザーで行うレーシックによって、視力を回復することができるのです。多くのスポーツ選手や芸能人が積極的にレーシックを受けているようです。視力回復トレーニングなどでも、近眼を治療することは可能ですが、時間がかかるうえに確実に誰でも回復できるわけではないので、お金がかかってもレーシックなら確実に短期間で視力が回復するのです。メガネの煩わしさからも解放されます。
片目だけが視力低下


同じカテゴリー(健康・美容)の記事
 歯の白さ (2016-05-08 16:22)
 肌の状態 (2016-03-20 03:28)
 口臭のきつい人 (2015-11-26 00:25)
 無駄毛処理の施術 (2015-07-02 10:26)
 ほうれい線や白髪 (2015-06-10 06:54)
 便秘と肌トラブル (2015-05-17 09:03)

Posted by イママン at 14:36 │健康・美容