2015年01月12日

記憶術の方法

今日本は不況になって、資格試験などで資格を取得して仕事のスキルアップをするために記憶術が大きな注目を集めています。
その方法はいろいろあって渡辺式やジニアス式、内藤誼人の脳内心理記憶術など様々な方法が公開されています。

大学受験や資格試験など日本の受験システムは、ほとんどが暗記中心の勉強になってきます。
そこで記憶術による効率的な暗記の方法が必要とされています。
しかし、どのような人間でも記憶には限界があります。

一般的に人は左脳を使って記憶します。
左脳だけでの従来の記憶では、記憶量が限られています。
記憶の速度や引き出す速度も限界があります。
そこで今までとは違った方法で覚えて、効率を追求したのが記憶術なのです。

記憶術は、覚える事柄の細かいことにとらわれるのではなく大きな出来事として、まずは全体像をとらえることから始めます。そうすることで気が遠くなるような多くのことも記憶できるのです。

記憶術をマスターするスピードは個人差がありますが、ひとたびコツを掴めば、どんどんスピードアップすることも可能なのです。最初は弑さなことも巨大化してイメージすることで記憶を定着することができます。

このような方法でトレーニングを重ねていくことで、自分なりのイメージの方法が分かるようになってきて、五感を用いて感情移入することで、ますます記憶術の能力がアップしてくるのです。


タグ :記憶術

同じカテゴリー(日記)の記事
 ドライブの情報 (2016-02-27 23:26)
 子供のころの気持ち (2016-01-19 03:35)
 ゼリーは、プルプル、キラキラなデザートです (2015-09-09 11:45)
 夏と言えば浴衣 (2015-08-13 22:15)
 借入金のブラック情報 (2015-07-23 07:00)
 再就職を計画しているのなら (2015-06-04 00:25)

Posted by イママン at 18:15 │日記