2014年08月17日

車両保険とは

車両保険は自動車保険の一種で、「自分の車の損害を補填する」ためのものです。車どうしの事故や単独事故、思わぬ車への損害に備えるのが車両保険です。
自動車保険に車両保険を加えると、高額な保険料になることがあります。でも、必ず高額になるわけではありません。払いすぎて損をしている可能性もあります。保険料は車種や等級によって変化します。料率クラスは車種によって決まるので、車両保険金額は高級車ほど高額になります。また、過去、無事故だと「等級」が高くなり、そのぶん保険料が割引されます。車両保険は、事故などで破損した自分の自動車を守る保険です。事故の可能性や車の修理費用などを考え、車両保険の必要性を検討しましょう。
●複数の車を所有:メインで運転する自動車にだけ車両保険を架ければ、保険料は安くなります。
●仕事で使用する車:必ず修理が必要な車も、車両保険の加入が必要です。
●高級車:車両価格が500万円を超えるような高級車の場合は、わずかな損害の修理にも高額の費用がかかる場合が多いので、車両保険に加入するべきです。


同じカテゴリー(日記)の記事
 ドライブの情報 (2016-02-27 23:26)
 子供のころの気持ち (2016-01-19 03:35)
 ゼリーは、プルプル、キラキラなデザートです (2015-09-09 11:45)
 夏と言えば浴衣 (2015-08-13 22:15)
 借入金のブラック情報 (2015-07-23 07:00)
 再就職を計画しているのなら (2015-06-04 00:25)

Posted by イママン at 11:38 │日記